header
home > こんなときご相談ください ケース3

● ケース1 パニック障害
● ケース2 過食・過眠のうつ病
● ケース3 うつ病
● ケース4 こんなことで…


logo

map

三軒茶屋駅前メンタルクリニック
  TEL 03-6804-0126

  東京都世田谷区三軒茶屋1-37-8
  ワコーレ三軒茶屋64ビル5階

case3

ケース3 うつ病 ITエンジニア Sさん(男性 32歳)

Sさんは企業用コンピュータシステムを設計する仕事をしています。
元来明るい性格で同僚からも信頼され順調にキャリアを積んでいました。
最近、折からの不況の影響でチームの人数を減らされたために、システム納入を当初の契約期限に間に合わせることが困難になってきました。こうした案件が5件に及んでいます。
今まで退社時刻は8時から9時という状態で過労気味だったのですが、今回のことでさらに就業時間が増加して、毎晩終電に乗り午前1時すぎに帰宅するようになりました。
こうした生活を3ヶ月ほど続けるうちに、次第に頭痛、肩こりが持続するようになりました。
多少睡眠をとってもこうした症状がとれません。納期が遅れている状況をどのように顧客や上司に説明するか、悩む日が続きましたが、平素にくらべて集中力が低下していて、考えがまとまりません。
最近3ヶ月くらいは朝出社時には体全体がだるく不調を感じていました。症状はとくに午前にひどいため、先週は二度ほど遅刻して出社しましたが、今週に入ると最近はとうとう出社することができなくなり、辞表を提出してしまいました。

        ●    ●    ●    ●    ●

最近はSさんのように職場の人間関係や過酷な労働環境に置かれている方が多く、社会問題になっています。
これだけ過労だと具合が悪くなって当然なのですが、不思議と本人は「うつ」と言われてもピンと来ないということもありますが、Sさんのような方はなるべく早い時期に(できれば退職届を出す前に)専門医の診断を受け、うつ病の治療を開始するべきです。

勤務継続、休職、転職いずれの場合にも、うまく会社とコミュニケーションを取りながら、治療を進め、回復、再発防止の道筋をつけていかなければなりません。会社や上司とのコミュニケーションの取り方についても、通院治療でアドバイスを受けることが重要です。

Sさんのような状況で不調になるのは、ある意味で当然ですが、実はさしたる誘因もなくうつ病を発症する方もおられます。また、一見喜ぶべき出来事(例えば、昇進、家の新築など)の後にうつ病になる方もおられます。これらの場合には体質的要素が強いと考えられます。

総じて言えば、現代は誰もがうつ病にかかってもおかしくない時代です。
大規模な調査によれば、10パーセント程度の方が一生の間にうつ病を経験します。問題は、本人がそれと気づかずに病状が進行してしまうことです。
不眠、食欲低下、体重減少などが2週間程度続いたら、専門医を受診して下さい。


最近は軽症のうつ病には、認知行動療法が有効であるとされています。
私も薬物を用いないで認知行動療法のみで治療を行うこともあります。
ただ、治療者から見て軽症でも、本人としては苦痛が強く、服薬して症状を緩和した方がよいこともしばしばです。特に不眠、不安や「身の置き所がないような感じ」が強い場合は最低限の薬物を服用した方がゆとりをもって過ごせます。

抗うつ薬によるうつ病の治療はかなり進歩しています。
選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)と呼ばれる一連の薬物は、古い世代の薬よりも安全性が高い点が評価され、広く使用されています。
また、最近ではセロトニン・ノルアドレナリン際取り込み阻害剤(SNRI)『ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)などと呼ばれる薬物も使用できるようになりました。

ただし、最近では抗うつ薬の弊害が見過ごされ、乱用されているのではないかという懸念も指摘されています。NHK番組でも取り上げられましたが、抗うつ薬服用のためにかえって、イライラして、怒りっぽくなるということがあります。とくに双極スペクトラム障害(※)の患者さんにこのようなことが起こりやすいと言われています。
このような方が抗うつ薬を単独で服用すると経過を不安定化させてしまうことがありますので、抗うつ薬以外の安定剤を併用することになります。つまり一口に「うつ」といっても、病気のタイプによっては、抗うつ薬は慎重に用いるべきだということです。

※双極スペクトラム障害
以前躁うつ病(双極性障害)と言われていたものには、症状が目立ちにくいさまざまなバリエーションがあることがわかってきました。これらを総称して双極スペクトラム障害と呼んでいます。
たとえば、うつが治りかけるときに、少し気分が高揚して、過活動になる方がいます。このような場合は、過活動の時期が単によくなった時期ととらえられて、従来は見逃されることが多かったのですが、最近は抗うつ薬の弊害が出やすく、注意すべき状態として注目されています。
当院院長はシカゴ大学留学時代から、特に双極性障害について研究を行ってきました。

 ●<認知行動療法について>のページへ

 ● ケース1 パニック障害
 ● ケース2 過食、過眠を伴う「うつ病」
 ● ケース4 こんな些細な悩みで受診していいのかな?

       お問合せ